2017年05月19日

江の島岩屋の来場者が600万人になった

江の島岩屋は陥落事故で入窟が禁止されていたが、整備されて1993年に入窟が再開された後、2017年5月に来場者数が600万になった。

100万人毎にお祝いはしていたみたいだが、600万人って凄いと言えば凄い。

岩屋はまともに立つ事も出来ない高さの洞窟だし、すれ違うのもやっとの幅で一度に何百人も一度に入れる場所では無い。

その代わりに海が荒れている時以外は年中無休で入窟出来るのもすごいです。

整備された際にコンクリートを壁に吹き付けて床も歩きやすいように高くして、海水が流れ込まない様にしたのだが、そのためやたら狭い洞窟になってしまいました。

洞窟が狭いのは今の時代マイナスにはならないようですが、昔の写真を見ると洞窟の内部はゴツゴツで頭を打ったりしたら、先に頭を切って血が出そうです。

まあ、関東大震災で海水が出入りしていた洞窟が隆起して海水が入らなくなったという歴史があるので、源頼朝が入窟した時代とは様変わりをしていると思われます。

海水の上を竹で組んだ簡単な橋が洞窟の内部に続いている様子は、絵葉書にもあって、まああれでは現代の安全基準に照らし合わて、何かあった時の責任問題やマスコミの追及を想像すると、今のような形態になるのは仕方ないのではと思います。

江の島は今、眞子さまのお相手の小室圭さんが江の島海の王子を務めていたと言う事で話題になって、元気なんです。

これで江の島も出会いのスポットとして再び脚光を浴びるかも知れません。

龍恋の鐘には恋愛成就を願うカップルの鍵が沢山付けられていますが、鐘の場所には龍恋の鐘が出来たとき募集されたプレートがあって、私のプレートもあるんです。

今度また行ってみよう。


posted by 原田知篤 at 14:42 | Comment(0) | ニュース

米国の対面小売業が窮地に陥っているという

今朝の朝刊に米国の対面小売業がネット販売の影響で窮地に陥っているという記事があった。

日本よりも人口が広範囲に散らばっている米国ではネットショッピングに移行する速度が速いのではと思っては居たけれど、あっという間だったらしい。

対面の小売業もネットショッピングへの移行を考えているようだけれど、そうなると今度は巨人アマゾンが相手となり、今迄とは桁違いの苦戦が予想されると言う事らしい。

何もかもが変わりつつある現代という事らしい。

日本でもその傾向はあるのだろうが、人口が密集しているので状況が少し違う気もする。

でも、デパートやスーパーの苦戦状況とコンビニの変貌をみると変わっていくのかもという気はする。

パソコン用のスピーカーも1qほど先の店に行くのが面倒で、アマゾンで買ってしまったし、日本も分からないですね。

私はもう過ぎ去った年齢なので、激動にもあまり関係が無いけれど、これから生きていく人や子育て真っ最中の人達は、何の仕事をしていいかだけでも悩みは尽きません。

ヘタをしたら、今は全盛でも10年後には無くなっている仕事が沢山ありそうです。


posted by 原田知篤 at 13:06 | Comment(0) | ニュース

江戸時代には白いカラスが結構居たって本当?

江戸時代までは白いカラスが結構居たっていう話を聞きました。

ウソか本当かは分かりません。

動物園には珍しいので保護され展示されている事が良くあります。

実際には白いカラスを見た人は少ないだろうし、居ても他の鳥と間違えてカラスと分からないケースもありそうです。

ただ、白いとはいってもコサギや白鳥みたいな白では無くて、そうですねえ、鶏の汚れた奴みたいな印象だったですね。

上野動物園で見た白いカラスの話です。

その、白いカラスが江戸時代には不吉だと言う事で見つけ次第殺されて、めっきり少なくなってしまったと言うんですが、本当でしょうかね。

黒い筈のものが白装束とは何事かという事らしいんですが、切腹の際の白装束を連想させるので武士に嫌われたんでしょう。

でも全部、嘘っぽいですね。

アルビノがそんなに頻繁に出現する筈も無いし、白いカラスが少ない理由として面白おかしく言っているだけなのではと私は思います。

動物園の白いカラスも毛を奇麗におしゃれすれば、奇麗になるのに、警戒して体も洗わせないんでしょうかね。

カラスの行水という位でお風呂嫌いみたいだし。

黒だとお風呂が嫌いでも汚れが目立たないんですが、白はね。

イタリアで黒猫が不吉で処分される話は聞いたけど、白の方が処分される話は嘘でも珍しい。


posted by 原田知篤 at 09:01 | Comment(0) | ニュース