2017年05月13日

のどじまんザワールドを聞いた

外国人が日本の歌を歌って優勝者を決める、のどじまんザワールド。

レベルがとんでもない事になっていて、日本人は歌に向いているんでしょうかね。

ジャマイカの日本にいる英語の先生が集まった5人組とか、とんでもなく上手だけれど、日本じゃなくて本国の中で5人集めたらどうなってしまうんだろう。

結構、けんかばかかりして上手く行かないのかな。

ともかく、アメリカ人の女の子とペルーの3人組が抜き出ていましたね。

最後決勝のインドの女子大生は素直で可愛かったから点数が異様に伸びました。

まあ、まったく嫌味の無い歌い方って言うのは結構貴重なので納得です。

結果はインドの女子大生とペルーの3人組が同時優勝となりました。

ペルーの3人組をインド人の下には出来なったし、上というと400点満点しかないから結果としては仕方ないのかな。

インド人の点数が先に出過ぎたからね。

まあ、今回は初出場が多くてそれも皆上手かったのでこれからが楽しみです。


posted by 原田知篤 at 21:16 | Comment(0) | テレビ

原田知世さんが美しすぎる

今朝、テレビに原田知世さんが出ていてインタビューを受けていた。

原田知世さんは「時をかける少女」でデビューした女優さんで、映画はストーリーは素晴らしかったけれど、特撮がまだまだ作り物の時代で、今だったらもっと完成度の高い映画になっていたのではと思います。

あの手作り感が良かったのかもと思えなくもないですが、本当に今なら中学生でも、もっとちゃんとしたものを作れるのではと思える完成度でした。

その後は「私をスキーに連れてって」でもブレイクしました。松任谷由実さんの「恋人はサンタクロース」が主題歌だったのも大きかったですね。

いまだに映像と歌が記憶の中で一体となっています。

そんな原田知世さんですが、実は私と一字違いという事もあって、活字で見ると何時もドキッとするんです。

そしていつまでも美しさが変わらないのも不思議です。

悪あがきもしていないし、普通に自然に年を重ねている印象です。

49歳なんですね。来年50歳か。

ご飯とお味噌汁と漬物を食べて・・・なんて言っていましたが、印象もそんな感じです。

ちょっと植物的なところがあって、脂ぎったステーキとかは食べたくないみたいです。

動いてはいるけど動物ではない感じです。

欲望とか野心も感じられないし、本当に不思議な魅力ですね。


posted by 原田知篤 at 08:27 | Comment(0) | テレビ