2017年04月19日

有吉AKB共和国にお色気マスターとして登場していたおかざきなな先生がヒルナンデスで大活躍

もう終わってしまったけれど、有吉AKB共和国のコーナーで「脳殺セクシー講座」というのがあって、おかざきなな先生という面白い先生がAKBのメンバーを弄っていた。

その懐かしのおかざきなな先生がヒルナンデスで大暴れ。

主婦相手にお色気術を伝授しているという設定で、どこまで本当か不明だけれど、レッスン料は入会費38万6000円で一生何度でもレッスンしてくれるという。

相変わらずのハイテンションで夜中にやっていたことと同じことを真昼間にやっております。

おかざきなな先生元気で何よりですが、あまりのハイテンションにハリセンボンの2人や佐藤栞里ちゃんの他水卜アナなど、半分笑いながらあきれ気味。

確かに夜中には盛り上げに最高の人材でしたね。

これから昼間に出てくるのかな。

テレビって取り上げ始めると各局で出てくるから、おかざきなな先生これから忙しくなるかも。

人によっては腹が立つテンションだけに、炎上商法時代にはピッタリかも。

私は、昔からの馴染みですので楽しみです。

もちろんテレビの中だけですが。
タグ:AKB48


posted by 原田知篤 at 12:45 | Comment(0) | テレビ

江の島の頂上まで行ける救急車が出来た

江の島は階段が多く頂上で急患が出た場合救急車は行く事が出来なかった。

今迄は小型の消防車などで対応していたそうなのだが、オリンピックのヨット競技が開催されるのを機に、軽ワゴンを改造した、小型の救急車が投入されることとなった。

江の島は下道と呼ばれる参道突き当り右手の道を使えば階段無しで山頂まで行ける。

ただし、非常に狭い道なので小型の車しか通れない。

そのため、真夏などに熱中症なので倒れた人などは搬送に苦労していた。

山頂部は良いとして、その途中はやはり搬送に苦労しそうです。

ストレッチャーに乗せて人力で運ぶんでしょうか。

それしか無いですね。

エスカーはあるけど登る専門なので、途中の場合は一旦山頂部まで登ってから搬送でしょうか。

大変な職業だナ。

日体大の就職先で多いのが警察官と消防士と言っていたけど、無理もありません。

体力は必要だし、何時呼び出されるかもわからないし、ちょっと10分待ってとは言えない仕事だから、やわな男どもには務まりそうもありません。

スポーツ系かあ。気力、体力すごいなあ。


posted by 原田知篤 at 09:23 | Comment(0) | ニュース

今朝の朝刊に中学3年生の全国学力調査の問題と正答例が載っていた

入試が終わったばかりなのに、問題と正答例が載っていて何かと思ったら、中学3年生の全国学力調査の問題と正答例でした。

昔やったなあ。

何だか見ただけでアレルギーが出ます。

土曜日のクイズは好きなんだけど、勉強は嫌ですね。

中身は同じような事をやっているんですけどね。

東大生の勉強の仕方を取材していたけど、結局勉強がクイズみたいに楽しい感じでした。

勉強がクイズやゲームのように思えたら、そりゃ楽しいでしょう。

私にはゲームではなかったな。

好きな事は一生懸命やっても苦痛では無かったけれど、嫌いな事は後回しになって結局苦痛でした。

殆どの人はそうだと思いますけど。

勉強やテストがあると思うだけで若い頃には戻りたくはないなあ。

今はテストがないだけありがたいです。

僕だけかな。


posted by 原田知篤 at 08:38 | Comment(0) | ニュース

尿一滴でガンかどうかが判るようになるという

線虫がガン患者の尿の匂いに寄っていく性質を使って、ガンの判定を簡単に行う診察が実用化されるという。

線虫は体長が1o程で、目が良い人なら肉眼でも見えそう。

線虫は大腸菌などを食べて育つそうで、数を揃えるのは容易なため、日立製作所が作る自動解析装置で一回の検査に50匹〜100匹使うとしても、尿の検査の数が何万人になろうと問題なく対応できるらしい。

実用化は2019年末から2020年初頭を目指しているそうで、実用化はすぐそこです。

今迄はガン検診でもなかなか発見できない場合も多く、検査検査で体中をこねくり回された挙句、時間もかかるし、見つけられなかったりして効率が悪かった。

検診は体に悪いという話さえ出てきたため、長生きしたければ検診に行くななどと、週刊誌に書かれたりした。

今回は1滴の尿ですので何の負担もありません。

しかも保険外治療にもかかわらず、費用は数千円に収まるという。

ガンの可能性があると判った段階で、何のガンかを精密に調べて行けばよいわけで、今迄の予防の健康診断がガンに関しては一変する可能性があります。

お医者さんや病院も検査で利益を得ていた比率が高いほど大変でしょうね。

人工知能の発展で結構危ないのがお医者さんだと言われていましたからね。

特に検査や何の病気か判定する様な部門は大変でしょうね。

外科だってとんでもない腕の良いロボットが将来出現する可能性もあるし。


posted by 原田知篤 at 08:28 | Comment(0) | 健康

タンポポの花は夜閉じる

日本テレビのZIPは桝さんの影響か、結構理系の楽しい話をやっています。

今朝はタンポポの話でした。

面白かったなあ。

まず、タンポポの花は昼間は大きく咲いていても夜は閉じて見えなくなるんです。

風とかから身を守るためだそうですが、朝顔は知っていたけどタンポポも夜しっかり閉じるとは知りませんでした。

あと、タンポポを花も葉も刈り取っても1週間後には花が咲いていました。

これは、土を掘り返してみると根が長くて60pほどありました。

長いものでは2m近くあるらしく、タンポポの太く長い根は上部の花と茎を刈り取っても、またすぐに再生するという事です。

タンポポは野の花として、踏まれても踏まれてもまた奇麗な花が咲くという強い花の代表ですが、本当に強かったわけです。

タンポポは菊の仲間で、仏壇にも菊はつきものですが、あれは強くて長持ちするからなんですね。

タンポポは奇麗だし、強いし、何処にでもあるからありがたがられませんが、素敵な花だと思います。

ZIPありがとう。


posted by 原田知篤 at 07:58 | Comment(0) | テレビ