2017年03月23日

歩いていて交通事故が一番多いのは小学一年生

どの年代が、歩いていて工数事故に遭う確率が高いかというと、ダントツで小学一年生が交通事故に遭っていた。

幼稚園の時代は、バスで送迎しているけれど、小学校になると始めて歩いて毎日学校に通う。

やはり注意力もまだ育っていない時期なので、思わぬ飛び出しとかで事故に遭うのだろう。

放課後、少し遠くの友達の家に行く事も増え行動範囲が一気に広がるのが原因らしい。

可愛い盛りなので痛ましいけれど、だんだん注意するようになって、交通事故に遭う確率も減っていく。

やはり、小さい子供を見たら車の方が注意するしかないでしょうね。

思わぬ動きをするのも子供だし、ふざけていて急にわき目もふらず飛び出すのも子供。

やはり、親が気を付けるように口を酸っぱくして言うのも大事でしょう。

軽症くらいなら良いけれど、体が小さいだけに大事に至る事も考えられるので、考え始めたら心配で待ってられませんね。

犯罪に遭う確率は他の国よりは少なそうだけれど、交通事故だけは気を付けなければ。


posted by 原田知篤 at 20:20 | Comment(0) | ニュース

桜桃が何だかわかる人が少なくなった

今日の夕刊に桜桃の事が出ていた。

太宰治に桜桃という作品があり、太宰治の命日は桜桃忌(おうとうき)と呼ばれて、お墓にファンが集うらしい。

桜の木になる桃、つまりサクランボの事なのだが、主に実よりもサクランボのなる木の事をいい、農家の人は桜桃と呼ぶことが多いらしい。

でも、普通にはサクランボの方が知られているし、桜桃もすぐには読めないでしょう。

太宰治が人気があると言っても、今はそんなに小説読まないしね。

昔カリフォルニアの大きな黒いサクランボを食べたときは、甘くてこんなに美味しいものがこの世にあるのかと思ったけれど、今はとぼけた味にしか感じない。

キリッとした日本のサクランボの酸っぱさが心地よいです。

酸味が不得手な人は太るらしいから、アメリカ人に肥満が多いのはサクランボのし好とも関係しているんでしょう。

日本の果物は、リンゴでもナシでもカキでもキリッとサクッとしているんです。

南方系はみな、ぐにゃっとした果物が多いです。

バナナは昔は貴重品で信じられない位美味しかったな。

今でもバナナは美味しいと思いますよ。


posted by 原田知篤 at 19:38 | Comment(0) | 日記

PONを見ようと思ったら、籠池理事長の証人喚問をやっていた

日本テレビのPONを見ようと思ったら、籠池理事長の証人喚問をやっていた。

NHKもTBSもフジも皆証人喚問をやっていた。

他は無いかと思ったら、テレ朝だけはWBCの決勝をやってきた。

プエルトルコとアメリカなので視聴率が心配ではありますが、他が全部証人喚問だから見る人は居るかもですね。

まさかと思ってテレ東にしてみたら、いやいや独自路線で頑固な汚れ落としあれこれをやっておりました。

ただ、これテレビショッピングですよ。

独自路線というよりは証人喚問とWBCで勝ち目は無いとみて、この時間は捨てたのかな。

正午になってやっと日テレがヒルナンデスになりました。

証人喚問も野球も、さほど興味ないし。

やっぱりお昼はレギュラー番組じゃないと落ち着きません。

ヒルナンデス、食事しながら頭使わなくて良いよ。

証人喚問、民進党何だか情けなかったなあ。

今日は調子が悪かったみたい。

あんなだったかなあ。

もう少し切れていた印象だったけど。


posted by 原田知篤 at 12:17 | Comment(0) | ニュース